フリー素材「いらすとや 」無料 ダウンロード方法と使い方!利用規約の著作権はOKか?

フリーイラスト画像サイト

いらすとやの無料ダウンロード方法と使い方を説明しています。利用規約の著作権なども解説!

いらすとや

 

・多くのフリー画像サイトの複合
・無料画像は数千点
・画像無料入手(著作権は放棄していない)
・会員登録なしで無料ダウンロード可
種類やジャンルは:考える、アイコン、闇、手、スマホ、うさぎ、人、友達、無料、猫、かわいい、背景、給食、お金、ワンピース、収益、マスク、車、先生、著作権、お辞儀、家、アイドル、ゲーム、はてな、男、看護師、悩む、仕事、クリスマス、寝る、家族、ふきだし、矢印、本、ハート、泣く、誕生日、テレビ、笑顔、背景透過、花、結婚、食べ物、トイレ、野球、魚、くま、アニメ、サッカー、中二病、ありがとう、料理、スタンプ、会社、牛、嬉しい、おばあちゃん、仲良し、工場、メガネ、楽しい、旅行、キラキラ、会議、食事、サラリーマン、カップル、部屋、コラボ、シュール、飛行機、掃除、ハロウィン、スーツ、ぬいぐるみ、ひらめき、時計、太陽など

いらすとやの評価

いらすとやは国内のサイトではかなり有名です。ACイラストの他に探すとしたらこのサイトではないでしょうか。個人の方がやっているとは思えないイラスト数です。カテゴリ数は245個もあり検索がしやすく細分化されています。ジャニオタや年収が低い人、アイドルオタク、闇落ちや怖すぎなどここまで洒落が聞いている素材イラストは見た事がありません。

また使いたくなるワンピースなどのキャラクターもあります。無料で商用にも使えます。ACの方が画像数は多いですが会員登録なしで入手できる点が良いです。貴重な日本のフリー素材サイトですのでユーザーからの評価は高いです。

いらすとやの無料ダウンロード方法と使い方!1秒で入手できる

いらすとやの無料ダウンロード方法と使い方を説明していきます。

トップページですが探し方は二通りあります。カテゴリが並んでいるのでそちらで絞りながら探すか左の検索で探すかです。早いの検索なので今回は検索方法を説明します。カテゴリは見落としが無いのでそれはそれで良いと思います。

キーワードを入れて🔍(検索)を押す右に検索結果が表示されます。

※このような言葉の違いで検索で出てくる画像が変わりますので検索の使い方に注意。
パンダ ぱんだ
転ぶ  転げる
叫び 叫ぶ
申し上げる 申上げる
多く出したいなら漢字一文字でも良いかもしれません。

通常ですとこの画面で「名前を付けて保存」をすればダウンロードされます。

画像の上で右クリック⇒「名前を付けて保存」をクリック⇒保存先選択でOK

実はもっと素早くダウンロードする方法があります。画像の上でマウスの左クリックを押しながらそのままデスクトップ上に移動します。移動できるようにブラウザ画面を小さくしてデスクトップが見える状態にしておきましょう。

ドロップ&ドラックというのですがこれは意外と知らない人がいます。1秒で入手できます。他のフリー画像サイトだとこれが出来たり出来なかったりするのでこれができると私的にはかなり評価が高いです。一括ダウンロードができなくても適当なフォルダを作って順繰りにドロップ&ドラックでこの作業をやれば20~30個は簡単に入手できます。

いらすとやの利用規約の著作権は特に読む必要あり!

いらすとやは自由度が高く画像をいじったり商用に使っても問題はありません。しかし利用規約をよーくみると著作権を放棄しているわけではないと記載されています。著作権を放棄をしていない状態で無料で使用を許可しているという認識が正しいでしょう。

また一つのホームページやブログなどで20個までと規制があります。駄目というか有料となります。これは一つのデザインで使った場合も同様です。一つのデザインを完成させるために21個使った場合は有料となります。自己申告で問い合わせから連絡するそうです。

いらすとやの収益はどうやって出しているの?

いらすとやさんは随時イラストを追加して無料でダウンロードさせているけれど一体何で儲けているのだろうと疑問に思います。

良く見るとサイトのあちらこちらに広告があります。それはGoogleアドセンスと言ってクリックで収益がもらえるタイプの物だと思います。感謝としてクリックしてあげようと思う方がいるかもしれませんが逆に迷惑が掛かるのでやめましょう。自分が本当に興味ある広告が出た時だけクリックしましょう。

また一枚の作品に対して20点まで無料で21点目から有料となると記載してあります。21点目からは1,100円かかるそうです。ユーザー数がすくないイラスト画像サイトであれば微々たる収益ですが「いらすとや」さんは多くのファンがいる画像サイトなので費用対効果というより責任感から行っている感じですね。

実際2021年に1月に更新を一時休むという事がホームページに記載されていましたので相当な労力を費やされて精神的にも結構きついようですね。作者の方にはご自分のペースでゆっくりやって頂き続けてほしいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました